タイプライター専門店の尾河商会
インフォメーションボード
タイプライター専門店の尾河商会
インフォメーションボード
タイプライター専門店の尾河商会

タイプライター

インクリボン等消耗品

オリジナル商品

神奈川TVで紹介されました神奈川TVで紹介されました

ANA機内誌に掲載されましたANA機内誌に掲載されました

営業日/発送日
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
金/土/祝日は定休日
info

税込価格表示

表示価格は
分かりやすい税込表示です

info

安心してお買い物をお楽しみください

尾河商会のセキュリティシステムはお客様のプライバシーを守るために128ビットSSLを使用して暗号化を実施しています。SSLとは情報を暗号化して送受信しインターネット上での通信を保護する仕組みです。これにより住所や電話番号などお客様の個人情報をすべて暗号化して送受信していますので安全にお買い物が出来ます。

セキュリティ対策自己宣言(二つ星中二つ星)独立行政法人情報処理推進機構

当店からメールが来ない

入力されたお客様のメールアドレスに誤りがある可能性があります

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダーに入ってしまっている可能性があります

詳細

送料385円から

送料の安価なネコポス便も取り扱っております。もちろん宅急便や代引もお選びいただけます。

詳細

タイプライターの使用方法

パソコンとは異なるタイプライター特有の使用方法をご説明いたします。

タイプライターの使用方法
タイプライターはその複雑なメカニズムとは反対に使い方はとても単純です。マニュアルがなくてもたくさん触れてることで少しずつ分かってくると思います。ここでは初めてタイプライターを使用する方にも分かりやすいように専門用語を少しアレンジしてお伝えします。そのため厳密には本来の意味とは異なる場合がございますのでご了承ください。

焦らず怖がらずレバーやキーなどとにかく動かしてみることをお勧めいたします。

Step 1 まずは用紙をセットしましょう

タイプライター用紙の挿入
用紙抑え(ペーパーペイルスケール)を持ち上げタイピングする用紙を横長の筒のようなゴムでできたもの(プラテン)の奥側の隙間に入れます。プラテンの左右付いている丸いノブ(プラテンノブ)を奥側に回すと用紙が巻き込まれていきます。プラテンノブは前後に回すことで用紙を思いどおりの位置にセットすることが出来ます。
タイプライター用紙を抑える
用紙をプラテンに巻きつけたらペーパーペイルスケールを元に戻して用紙がダボつかないように押さえます。ここできちんと用紙を抑えないと綺麗に印字できません。
タイプライター用紙の修正
用紙が斜めに傾いたりズレたりした場合は用紙のロックを解除してフリーにするレバー(ペーパーリリースレバー)を手前に引き用紙の位置を微調整してください。用紙を整えたらペーパーリリースレバーは元の位置に戻してください。
タイプライター用紙のサポート
縦に長い用紙を使用する場合は用紙立て(ペーパーサポーター)を使用して用紙を支えると便利です。ペーパーサポーターの取り出し方は機種によって異なりますが、ボタンを押して取り出すものやスライドさせて取り出すものが一般的です。

Step 2 タイプする範囲を決めて色をセットしましょう

タイピング時の左端を決める
タイピングする左端と右端の位置を決めます。通常は0(ゼロ)の位置を左端としてセットして右端は用紙の幅を目安にセットします。因みにタイプライターのといえばあの音(チーン♪)はここでセットした右端に近づくと音が鳴る仕組みです。つまり「右端が近づいています。もうすぐ打てなくなりますよ。」と教えてくれるのがあの音なのです。
タイピング時の右端を決める
タイピングする左端、右端を記憶するマージンセットスライダーを押さえながらタイピングしたい始めの位置とタイピングの終わりの位置へそれぞれ移動させて印字範囲を設定します。マージンセットスライダーが動かないという場合はマージンセットスライダーをきちんと押さえながら動かしているか確認してください。古い機種では錆などによりマージンセットスライダーが固着しているものもございます。その場合は無理に動かさないでください。
タイプする文字の色を変更する方法
一部の機種はリボンの色が変えられるリボンセレクターが装備されています。このセレクターを動かすことでタイプする文字の色が変えられます。機種によって異なりますが上から青/白/赤と並んでいます。セットされているリボンが赤黒の場合は青にセットすると黒をタイプし赤にセットすると赤をタイプいたします。白はステンシルと呼ばれるもので複写用紙を打つ場合などに使用します。

Step 3 タイピングしてみましょう

タイプライターで1を入力する方法
用紙をセットして用意ができたら好きなようにタイプしてみてください。スペースキーやシフトキーはパソコンで慣れ親しんだ機能と同じです。因みにタイプライターの多くは数字の1がありません(ある機種もあります)。数字の1をタイプするにはL(エル)の小文字をタイプして1の代わりとしています。
タイプライターのシフトロックキー
連続して大文字をタイプしたい場合などシフトキーを連続して使用したい場合はシフトロックキーを押下します。パソコンのCaps Lockキーと同じ役割です。パソコンと違うのはメカニカルにシフトキーを押した状態が維持されるところでしょうか。
タイプライターの改行
改行するにはキャリッジリターンレバーを右方向に動かしてください。パソコンにはないタイプライター固有の機構ではないでしょうか。

少し変わった機能

タイピングの調整
機種によってはキーの打力(強い/弱い)を調整できるものがございます。これらはトップカバーを開けたところにあったりするので気づかない方も多いかもしれませんので注意して確認してみてください。

もっとタイプライターのことを知りたいという方へ

初心者用のタイプライター入門書と本格的に学びたいという方用のタイプライター教本をご用意していますのでご検討ください。

少し専門的なタイプライター用語

タイプライター各部の名称と機能

ここでは文字だけの説明で分かりにくいかもしれませんが初心者用のタイプライター入門書では図解で分かりやすく説明しています。

タイプライターやインクリボンについてよくある質問も参考になるかと思います。よろしければご覧ください。

ピッチ数によって1インチ幅(2.54cm)あたりに印字できる文字数です。簡単にいうと文字サイズの大小です。手動式タイプライターはピッチを変更することができませんが電子式タイプライターの場合は活字を交換したり設定を変えることで印字ピッチを変更することができます。

  • PICA:一般的に流通している印字ピッチです。1インチに10文字打てるので文字サイズは約2.54ミリとなります。
  • ELITE:PICAより文字が小さくラベル印字など印字範囲の制約がある場合に好まれます。1インチ12文字打てるので文字サイズは約2.11ミリとなります。PICAより流通数が少ない傾向です。
  • MINI/MICROなど:最も文字が小さい印字ピッチです。1インチに15文字打てるので文字サイズは約1.69ミリとなります。IBM 電子式タイプライターのオプション活字MICRO GOTHICやポータブルタイプライター向けの活字MINI GOTHICでご使用可能です。

キャリッジ部分を上下させるキャリッジシフト方式とセグメント部分を上下させるセグメントシフト方式があります。セグメント方式はキャリッジシフト方式に比べてシフト操作の負担が軽いのが特徴です。

リボンの色を切り替えることができます。機種によって異なりますが代表的な機種では上から黒/白(ステンシル)/赤の3段階になっています。ステンシルは複写用紙を使用するときに使用するものです。

  • 手動式タイプライター:用紙を巻きつける左右に動く部分のことを言います。
  • 電子式タイプライター:印字のときに左右に動くユニット部分のことを言います。

ケースに収めたり持ち運ぶときにキャリッジが動かないようにするものです。キャリッジが動かないという場合は手動式タイプライターのキャリッジが動かないをご覧ください。

キャリッジを右に戻すと同時に行送りをします。ケースに収めたり持ち運ぶ際はレバーを折り畳むことができる機種もあります。

上から抑えると任意の場所に素早くキャリッジを移動できます。

  • プラテン
    シリンダーとも言います。ゴム製のローラーで用紙を巻きつけるためのものです。サイズの大きなタイプライターはプラテンは面積が大きくなり対応用紙幅が大きくなるのはもちろん安定した印字が可能になります。
  • プラテンノブ
    用紙を挿入する際や行送りに使います。IBM 電子式タイプライターはプラテンノブはなく代わりにキーボードで操作します。

プラテンノブの内側にあるノブを押すとプラテンの回転をフリーにして任意の行へ移動できます。

用紙を支えるときに使用します。小さな突起で手で押すとアームのようなものが出てきます。一部機種に実装されています。

用紙を抑えると同時にマージンのセット位置を決めるときに使用します。

用紙の動きを自由にして正しい位置に用紙をセットすることができます。タイピングの際はレバーは元に戻してください。

行間を決めるものです。

  • 1:シングルスペース
  • 2:シングルスペース+1/2スペース
  • 3:ダブルスペース
  • 4:行送りなしでフリー状態

用紙の中で印字をしない部分のことです。左右のマージンをセットするためにはマージンセットスライダーを使用します。

用紙の打ち始めと打ち終わりの位置を決めることができます。指で押さえながら左右任意の位置へスライドできます。

マージンストップを一時的に無効にします。このキーを押したままキャリッジを戻すと次の行で5スペース内側に止まりパラグラフ・インデンテーションができます。

大文字や記号(上段)をタイプするときに使用します。パソコンと用途は同じです。

大文字や記号(上段)を連続して打つときに使用します。戻すときはシフトキーを軽く押します。

単語と単語のスペースをあけるときに使用します。パソコンと用途は同じです。

キャリッジを1スペース戻します。ハーフバックスペースキーは1文字の半分を移動させることが出来ます。

上に押すとタブをセットし下に押すとタブ・セットがクリアされます。タブの位置までキャリッジを移動させるにはタブレターキーを使用します。タブ機能は一部の機種に実装されています。

タブセットした場所まで素早くキャリッジを移動させます。タブ機能は一部の機種に実装されています。

一部機種に実装されている機能で通常はトップカバーを取り外したところにあります。強くするとキータッチは重くなりますが戻りが早くなります。弱くするとタッチが軽くなります。

オートパワースペースボタンを押し続けることによって連続して空白をあけることが出来ます。オートパワースペースは一部の機種に実装されています。

電子式タイプライターに搭載されている機能で誤った綴りでタイピングすると電子音で知らせてくれます。

打ち間違えた文字を消す(修正)することができます。

ソーシャルメディアで最新情報をゲット