タイプライター専門店の尾河商会
インフォメーションボード
タイプライター専門店の尾河商会
インフォメーションボード
タイプライター専門店の尾河商会

タイプライター

インクリボン/消耗品

オリジナル商品

神奈川TVで紹介されました神奈川TVで紹介されました

ANA機内誌に掲載されましたANA機内誌に掲載されました

営業日/発送日
2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2021年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
金/土/祝日は定休日
info

税込価格表示

表示価格は
分かりやすい税込表示です

info

安心してお買い物をお楽しみください

尾河商会のセキュリティシステムはお客様のプライバシーを守るために128ビットSSLを使用して暗号化を実施しています。SSLとは情報を暗号化して送受信しインターネット上での通信を保護する仕組みです。これにより住所や電話番号などお客様の個人情報をすべて暗号化して送受信していますので安全にお買い物が出来ます。

セキュリティ対策自己宣言(二つ星中二つ星)独立行政法人情報処理推進機構

当店からメールが来ない

入力されたお客様のメールアドレスに誤りがある可能性があります

当店のメールがお客様の迷惑メールフォルダーに入ってしまっている可能性があります

詳細

送料385円から

送料の安価なネコポス便も取り扱っております。もちろん宅急便や代引もお選びいただけます。

詳細

タイプライターのリボン/消耗品の交換方法

手動式タイプライターのインクリボン、電子式タイプライターのインクリボン/修正テープ/活字の交換方法をご説明いたします。

手動式タイプライターのリボン/消耗品の交換方法
電子式タイプライターのインクリボン/修正テープ/活字の交換方法

手動式タイプライターの場合

ここでは文字だけの説明で分かりにくいかと思いますが手動式タイプライターのリボン/消耗品の交換方法をご説明いたします。文字だけだと少し難しく感じられるかもしれませんがリボンご購入時に添付している「リボンの交換手順書」では画像を多く使用してはじめての方にも分かりやすく丁寧にご説明しています。こちらの手順書をお付けしてからこれまでリボンが交換出来なかったとご連絡をいただいたことはございません。タイプライターのインクリボンはどなたでも交換できるかと思います。

タイプライターリボン交換方法

はじめてインクリボンを交換する方も安心なリボン交換手順書をサービス

手動式タイプライターのインクリボンをお買い上げのお客様には画像付きのリボン交換手順書をお付けしています。

手動式タイプライターは交換に少し手間が掛かりますが安価なシングルスプールリボンと交換の容易なダブルスプールリボンをご用意しています。ダブルスプールリボンはシングルスプールリボンに比べてリボンを巻く手順が不要となります。

ダブルスプールリボン
ダブルスプールリボン
シングルスプールリボン
シングルスプールリボン

手順 1 トップカバーを外す

トップカバーのある機種はトップカバーを外してリボンが巻いてあるスプールを⾒える状態にしてください。

手順 2 古いリボンを巻き取る

(シングルスプールリボンのみ)
スプールをゆっくり⼿で回転させて左右どちらかのスプールにリボンを巻きます。スプールの回転が悪くなったら巻き取りを中断してください。残りのリボンは【⼿順5】で完全に巻き取ります。

手順 3 古いリボンをリボンガイドから取り外す

リボンガイドから古いリボンを取り外します。 機種によってはシフトロックをセットしてリボンポジションセレクターを⾚にして更にタイプバーを上に固定するとリボンホルダーが上に上がり作業しやすくなります。

手順 4 スプールを⽌めているネジやキャップを外す

スプールを⽌めているネジやキャップがある機種は左右とも外してスプールを取り外します。
機種によってはキャップやネジではなくレバー式のリボン押さえが使われています。この場合リボン押さえを外側に開くように外します。これでタイプライターからリボンとスプールが取り外されました。

手順 5 リボンを完全に巻き取り空のスプールを設ける

(シングルスプールリボンのみ)
残ったリボンを完全に巻き取ります。リボンをスプールから取り外す際にスプールの⽀柱にある⽮印型のツメなどにリボン⽌められている場合はツメからもリボンを外してください。※機種によってはツメではない⽅法でリボンが固定されている場合もあります。この場合はリボンの固定⽅法を覚えておいてください。なおこのとき取り外したリボンが巻かれていない空のスプールは再利⽤しますので破棄しないでください。

手順 6 新しいリボンをスプールにセットする

(シングルスプールリボンのみ)
新しいリボンとスプールを⽤意して、新しいリボンの端にある丸い⽳に【⼿順5】で空になったスプールの⽀柱にある⽮印型のツメにリボンをひっかけます。
※ツメではない⽅法でリボンを固定する場合もあります。グループ4とグループ9規格のリボンはリボンの端にハトメがついています。このハトメが隠れるまでリボンをスプールに巻きつけます。

手順 7 新しいスプールを取り付ける

新しいリボンスプールを⽤意します。当店オリジナルの⾦属製スプール(グループ4規格以外)を取り付ける場合は付属のアダプターをスプール受けに挿⼊します。
左右のスプールをタイプライターから出ているスプール受けのシャフトに通してスプールを⽌めているネジやキャップを取り付けます。リボン押さえがある機種はリボン押さえを開きながら作業してください。このとき、⿊/⾚のリボンの場合は⾚が下になるようにセットします。スプール受けのシャフトに⼩さなピンがある機種はスプール中⼼の⽳の周りにある⼩さな⽳のどれかにピンがはまるように取り付けてください。

手順 8 新しいリボンを取り付ける

リボンを円柱状の部品の外側を通してリボンリバーシングガイド(またはシフトレバー)の間を通してください。
グループ4とグループ9規格のリボンは、リボンの端にあるハトメをリボンリバーシングガイドより外側になるようにセットしてください。最後に【⼿順3】の逆の⼿順でリボンをリボンガイドに取り付けて終了です。

電子式タイプライターの場合

ここではIBM 電子式タイプライター Wheelwriterを例にインクリボンおよび修正テープの交換方法をご説明いたします。各メーカー間で若干の違いはありますのであくまで参考程度にしてください。

手順 1 インクリボン(修正テープ)を取り外す

手順 1 インクリボン(修正テープ)を取り外す
青いレバーを奥側に押してインクリボンを止めている手前のツメからインクリボンと修正テープを持ち上げて取り出します。

手順 2 インクリボンと修正テープを分離する

手順 2 インクリボンと修正テープを分離する
IBM Wheelwriterはインクリボンと修正テープがツメで重ね合うようになっています。それぞれを交換する場合はインクリボンと修正テープを分離してください。インクリボンと修正テープを一緒に交換する場合は必ずしもこの手順は必要ありません。他のメーカーはインクリボンと修正テープが別々にセットされている場合が多いです。

手順 3 インクリボンと修正テープを結合する

手順 3 インクリボンと修正テープを結合する
手順 2で分離した逆の手順でインクリボンと修正テープを結合します。修正テープを左手、右手にインクリボンを持ちそれぞれのカセットを一緒に滑り込ませます。最後に灰色のタブを「カチャ」っと音がするように押してください。最後にインクリボンと修正テープをダイヤルを回して進めます。

手順 4 タイプライターにインクリボンと修正テープを装着する

手順 4 タイプライターにインクリボンと修正テープを装着する
タイプライターにインクリボンと修正テープをはめ込みます。手順1で取り外したツメとインクリボンのツメを合せてはめ込んで最後に青レバーを手前に倒してください(ツメの位置は手順1の画像を参考にしてください)。

活字の場合

IBM 電子式タイプライター Wheelwriterを例に活字(活字)の交換方法をご説明いたします。各メーカー間で若干の違いはありますのであくまで参考程度にしてください。

手順 1 活字を取り外す

手順 1 活字を取り外す
プリント(印字)ハンマーを手前に引いて活字のタブをつまみます。活字をまっすぐ持ち上げてスロットから取り出してください。活字を取り出したらプリントハンマーは戻してください。このときキャリアが移動することがないようにペーパー・ベールがプラテンに接近した位置にあることを確認してください。

手順 2 交換する活字を装着する

手順 2 交換する活字を装着する
活字のロゴマーク(IBMやraro等)が左上に来るように活字を装着します。プリントハンマーを手前に引いて活字を溝に差し込んでください。装着後はプリントハンマーを離してプリントハンマーは戻してください。

手順 3 活字の位置合わせ

手順 3 活字の位置合わせ
コード・キーを押すと活字が回転して位置合わせが開始され使用できる状態になります。
ソーシャルメディアで最新情報をゲット