尾河商会 電話番号FAX番号
タイプライター名(例: lettera-32)から検索出来ます。

タイプライター名で検索

タイプライター

インクリボン等消耗品

オリジナル商品

神奈川TVで紹介されました神奈川TVで紹介されました

ANA機内誌に掲載されましたANA機内誌に掲載されました

商品発送可能日
2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
金/土、祝日は定休日
info

税込価格

表示価格は
分かりやすい税込表示です

info

尾河商会は

タイプライター専門店として創業55年の老舗店です

当店からメールが来ない

連絡いただいたメールアドレスに誤りがある可能性があります

Link

送料186円から

安心のヤマト運輸で発送します。DM便、ネコポス便、宅急便、代引がお選びいただけます。

詳細
info

安心してお買い物をお楽しみください

尾河商会のセキュリティシステムは、お客様のプライバシーを守るために128ビットSSLを使用して暗号化を実施しています。SSLとは、情報を暗号化して送受信し、インターネット上での通信を保護する仕組みで、強度の高い128ビットSSLを 採用しています。これにより、住所、電話番号などお客様の個人情報をすべて暗号化して送受信しています。

手動式タイプライターのインクリボン交換方法

当店の販売リストに適合するタイプライターは、簡単にインクリボンの交換が出来ます。

交換が初めてのお客様やご不安な方でも手動式タイプライターのリボンをお買い上げのお客様には、インクリボン交換手順書(汎用簡易版)を無料でお付けしておりますので、ご安心ください。

なお、当店の販売リストに適合するタイプライターがない場合でも、現在ご使用のスプールにリボンだけを巻き替えれば、インクリボン交換することが出来ます。 リボンの巻き替え方法は手動式タイプライターのリボンを巻き替える方法をご参照ください。

Step 1 カバーを外す

本体カバーがある機種はカバーを取り外して下さい。

Step 2 止め具を外す

スプールリボンの上部に止め具がついている機種は、止め具を取り外してください。

Step 3 リボンを下げる

リボンガイドに入っているリボンを下に下げます。

Step 4 リボンを外す

リボンを持ち上げ、リボンガイドからリボンを取り外します。

Step 5 スプールを外す

左右のスプールを支柱から引き抜き、取り外します。

Step 6 リボンを巻き取る

片方のスプールにリボンを巻き取り、空いたスプールの方を新しいスプールの対に使用します。

Step 7 購入したリボンを用意する

購入したリボンを用意します。

ハトメのあるリボンは、リボンの端についている2つのハトメを確認して下さい。
ハトメはリボン端に1つ、10センチほどの間隔でもう1つ付いています。

Step 8 ハトメを確認する(ハトメのある機種のみ)

ハトメを確認しましたら、ハトメとハトメの間1/3程の所をスプールに取り付ける目安とします。

Step 9 リボンを取り付ける

古いスプール(ご使用されていたスプールでリボンが巻かれていないスプール)に、購入したリボンの端を取り付けます。
リボンを取り付ける位置は、スプールの支柱中央にある矢印型の針の部分です。

Step 10 リボンを取り付ける

リボンの真ん中にスプールの針を刺し込みます。

Step 11 リボンを取り付ける

リボンの取り付けは、リボンが巻き取られている方から行います。スプールを所定位置にセットしたら、リボンの動きをサポートする円柱状の部品に通して、リバーシングガイドにリボンを差し込みます。

Step 12 スプールをセットする

反対側も同様に、リバーシングガイドと円柱状部品にリボンを通して、スプールを所定の位置にセットします。
ハトメのある機種は、この時必ず、リボン端についているハトメが、リバーシングガイドと円柱状部品の間にくるよう、セットして下さい。

Step 13 リボンを巻き取る

リボンが巻き取られていない方のスプールヘ少しリボンを巻きます。

Step 14 リボンを巻き取る

リボンガイドにリボンを差し込み、少し下に引き下げるようにすると、上部へすんなりとリボンが入っていきます。

Step 15 カバーを取り付けて完了

止め具のある機種は、最後に左右スプールの止め具を元に戻して終了です。
本体カバーのある機種は、本体のカバーを元に戻して終了です。

手動式タイプライターのリボンを巻き替える方法

当店の販売リストに対応機種がないタイプライターでも、現在ご使用のリボンの幅が13mmであれば、スプール(リボンが巻いてある丸い部品)をそのまま使用して、リボンだけを巻き替えることで、リボンを新品に交換することが出来ます。ほとんどの手動式タイプライターのリボンの幅は13mmです。 この方法で、ほとんどの手動式タイプライターのリボンを新品に交換することが出来ます。
作業は難しくありませんので、今まで対応リボンがないと諦めていたお客様は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タイプライターリボンの巻き替え方法ステップ1

Step 1 前準備

現在タイプライターについているオリジナルスプール左右2つを取り外し、購入した購入したリボンの巻かれているスプールを用意します。
ここからの作業はリボンのインクで、手やタイプライターが汚れる場合がありますので、ビニール手袋等を必要に応じて使ってください。

タイプライターリボンの巻き替え方法ステップ2

Step 2 古いリボンを取り外す

オリジナルスプールから古いリボンを全て取り除きます。
取り外したリボンにハトメがあるかないか確認してください。ハトメがある場合とない場合では、購入いただくリボンが異なります。

タイプライターリボンの巻き替え方法ステップ3

Step 3 購入したリボンをスプールの金具に引っ掛ける

リボンを外したオリジナルスプールのひとつ(どちらでも構いません)に、購入したリボンを巻き付けます。まずは、スプールの取り付け金具(矢印)に購入したリボンの先端を引っかけます。

タイプライターリボンの巻き替え方法ステップ4

Step 4 購入したリボンを巻きつける

先端を引っ掛けたら、残りのリボンを全てオリジナルのスプールに巻き付けます。

タイプライターリボンの巻き替え方法ステップ5

Step 5 もう片側のスプールも同様に取り付ける

全てを巻きつけたら少しだけ巻き戻して、ステップ3と同じ様に、リボンを巻かなかったオリジナルのスプールの取り付け金具(矢印)に購入したリボンを引っかけます。
あとは、通常のリボン交換と同じようにスプール左右をタイプライターにセットして完了です。

電子式タイプライターのインクリボンと修正テープ交換方法

電子式タイプライターのインクリボンおよび修正テープの交換方法ステップ1

Step 1 インクリボン(修正テープ)を取り外す

青いレバーを奥側に押して、インクリボンを止めている手前のツメから、インクリボンと修正テープを持ち上げて取り出します。

電子式タイプライターのインクリボンおよび修正テープの交換方法ステップ2

Step 2 インクリボンと修正テープを分離する

IBMのWheelwriterは、インクリボンと修正テープがツメで重ね合うようになっています。それぞれを交換する場合は、インクリボンと修正テープを分離してください。インクリボンと修正テープを一緒に交換する場合は、必ずしもこの手順は必要ありません。他のメーカーは、インクリボンと修正テープが別々にセットされている場合が多いです。

電子式タイプライターのインクリボンおよび修正テープの交換方法ステップ3

Step 3 インクリボンと修正テープを結合する

Step 2で分離した逆の手順でインクリボンと修正テープを結合します。 修正テープを左手、右手にインクリボンを持ち、それぞれのカセットを一緒に滑り込ませます。最後に灰色のタブを「カチャ」っと音がするように押してください。最後にインクリボンと修正テープをダイヤルを回して進めます。

電子式タイプライターのインクリボンおよび修正テープの交換方法ステップ4

Step 4 タイプライターにインクリボンと修正テープを装着する

タイプライターにインクリボンと修正テープをはめ込みます。Step 1で取り外したツメとインクリボンのツメを合せてはめ込み、最後に青レバーを手前に倒してください(ツメの位置はStep 1の画像を参考にしてください)。

電子式タイプライターのプリントホイール(活字)交換方法

電子式タイプライターの活字の交換方法ステップ1

Step 1 プリントホイールを取り外す

プリント(印字)ハンマーを手前に引き、プリントホイールのタブをつまんで、プリントホイールをまっすぐ持ち上げ、スロットから取り出してください。プリントホイールを取り出したら、プリントハンマーは戻してください。

電子式タイプライターの活字の交換方法ステップ2

Step 2 交換するプリントホイールを装着する

活字のロゴマーク(IBMやraro等)が左上に来るように、プリントホイールを装着します。プリントハンマーを手前に引いて、プリントホイールを溝に差し込んでください。装着後は、プリントハンマーを放して、プリントハンマーは戻してください。

電子式タイプライターの活字の交換方法ステップ3

Step 3 プリントホイールの位置合わせ

コード・キーを押すとプリントホイールが回転し、位置合わせをします。