タイプライター専門店の尾河商会
インフォメーションボード
タイプライター専門店の尾河商会
インフォメーションボード
タイプライター専門店の尾河商会

タイプライターケースの修理 olivetti Lettera 32 / Lettera DL

タイプライターケースの修理

諦めていたolivetti Lettera 32、Lettera DLのオーナへ

olivetti Lettera 32やLettera DLのオリジナルケースは痛みが多いものがほとんどです。特に内布の痛みが激しく、シミのようなカビのようなものができてしまっていて、中には不快な臭いを発生するものもあります。このような不衛生な内布の交換をこれまでなかった安価に解決いたします。ケースのクリーニングやファスナーの交換、ほつれ縫い、取手や底鋲の再塗装なども可能です。

サービス概要

olivetti Lettera 32やLettera DLは人気のあるしっかりしたタイプライターですが、この2機種はケースの痛みが酷いものが多いです。当店ではこのようなお悩みを解決すべく本革タイプライターケースを販売しておりますが、高品質な上、価格はどうしても高価になるため、多くのLettera 32、Lettera DLのオーナー様に広く手軽にご対応できないかと開発したのが純正ケースのリペアサービスです。ご予算に沿った部分部分のリペアをお選びいただけるのが特徴です。特に費用対効果の高い内布の交換がお勧めとなっております。タイプライターのオーバーホール(修理)と一緒に如何でしょうか。

こんなお客様に最適です

  • ケースの内布にシミのような汚れや臭いが発生している
  • 本革のタイプライターケースほど本格的なものではなく手頃な価格でケースを綺麗にしたい
  • タイプライターのオーバーホールと一緒にケースもリフレッシュしたい
  • ファスナーが開閉しない
  • 取手や底鋲が錆びついてる

サービスの内容と料金

内布の交換 お勧め

内布の交換前
傷んだ内布を高級感のあるスエード生地に張り替えます。スエード生地は材料費だけでも高価ですが上品で手触りが魅力であること同時に、虫食い・カビの心配もなく、ムレにくい素材なので当店の本革タイプライターケースにも採用しているタイプライターケースにぴったりな素材なため拘って採用しています。お色は万が一汚れがついても目立ちにくいブラックを採用しました。傷んだオリジナルの内布は全て交換するため不快な臭いからも開放されます。
(限定)モニター価格:15,400円税込

ご留意事項

  • 革の台座やポケットがついているタイプがありますがこれらは移植(ご返却)いたしません。
  • 四隅などに若干のシワが入ります(オリジナルも多少入っています)。
  • 使用する糸はオリジナルと同じ色・太さではありません。特にLettera 32はオリジナルの色はホワイトですが、経年劣化でホワイトでは色が合いません。このためホワイト以外に用意した2種類の色から最も近い色の糸を使用しますが、それでも縫い直していない箇所の糸と比べて色味は異ってきます。なおファスナー交換を伴う場合は全体を縫い直すためホワイトの糸を選択することができます。
  • 元の針穴を拾うように縫っていきますが、手縫いのため多少ずれることがあります。
  • オリジナルの針穴が傷んでいる(穴が広がっているなど)場合は、傷んでいるところを飛ばしたりして縫う場合があります。

外観クリーニング

タイプライターケースのクリーニング前
タイプライターケースの修理をご依頼時の際は無料で外観クリーニングを行います。パイピングの間に詰まった汚れも含めて細かいところまで可能な限りクリーニングいたします。中央の帯の部分やLettera DLの場合裏面(黒色)の部分は補色オプションで綺麗になる場合もございます。修理を伴わないクリーニングのみのご依頼の場合は3,300円(税込)となります。過度な期待はできませんので予めご了承ください。
価格:0円~3,300円税込

ご留意事項

  • 落としきれない汚れがございます。
  • 傷の修復はできません。

底鋲/取手の交換

底鋲の交換前
錆ついた底鋲、傷んだ取手を交換いたします。底鋲はオリジナルを再塗装した純正品とお求めやすい汎用タイプをお選びいただくことができます。純正品はつや消し黒、汎用タイプは黒ニッケル色となります。価格は4個セットで交換工賃も含みます。
純正品:3,300円税込
汎用タイプ:1,100円税込
取手の交換前
痛みのある取手を再塗装した取手に交換いたします。オリジナルは劣化でザラザラな質感ですが、きちんと補修し再塗装した新しい取手はツルツルした手触りになり艶もあいまって高級感も出てきます。価格は交換工賃も含みます。
価格:4,400円税込

ご留意事項

  • オリジナルを取り外し後、生地についた錆が取り切れない場合は交換後も錆が残る(見える)場合があります。
  • 取手の根本の回転部分はオリジナルの金属の痛みが酷く、また可動部分であるため、交換後も塗装剥がれが見える場合があります。
  • 写真には写りにくい若干の擦り傷(洗車傷レベル)や塗装ムラが生じる場合がございます。また、交換時に若干の傷が付く場合があります。
  • 底鋲の純正タイプは自動車の塗装と同じ塗料(工程含む)で塗装しているのでスプレー缶塗装とは違い厚く丈夫な被膜ですが、底鋲は自動車と違い置く場所(フローリング)などと触れる部分でもあるので使用法によっては塗装が剥がれることが懸念されます。純正に拘りがなければ安価な汎用タイプがお勧めです。

補色(一部)

タイプライターケースの補色
ケースの一部(中央の帯やLettera DL場合裏面)は補色で艶が出たりクリーニングでは落とせない汚れが落とせる場合がございます。Lettera 32は前後の中央の帯が対象です。Lettera DLは前の帯と裏面全面が対象となります。帯部分にほつれがある場合は補色の際ほつれが広がる場合があります。補色をご希望の際はほつれ縫いオプションもあわせてご検討ください。深い傷や大きな傷は消すことができないため、過度な期待はできません。
価格:2,200円税込

ご留意事項

  • 塗りムラが発生する場合があります。
  • 深い傷や大きな傷は消すことができないため過度な期待はできません。
  • 帯部分にほつれがある場合は作業の際にほつれが広がる場合があります。

ほつれ縫い

タイプライターケースのほつれ縫い前
ケースの一部(中央の帯や底部分)を縫い直します。元の糸を丁寧に解いた後、オリジナルより太く丈夫糸を使い、元の針穴を拾うように丁寧に手縫いいたします。帯についてはLettera 32は前後の2面、Lettera DLは前のみの1面が対象となります。ファスナー交換をご依頼の場合はボトム部もバラして全て縫い直しますので料金は掛かりません。帯のほつれ縫いは費用対効果が高くお勧めですが、ボトム部は難易度が高いため費用対効果が低く単体でのご依頼はあまりお勧めできません。
帯部分:3,300円税込
ボトム部:0円~5,500円税込

ご留意事項

  • 使用する糸はオリジナルと同じ色・太さではありません。特にLettera 32はオリジナルの色はホワイトですが、経年劣化でホワイトでは色が合いません。このためホワイト以外に用意した2種類の色から最も近い色の糸を使用しますが、それでも縫い直していない箇所の糸と比べて色味は異ってきます。なおファスナー交換を伴う場合は全体を縫い直すためホワイトの糸を選択することができます。
  • 元の針穴を拾うように縫っていきますが、手縫いのため多少ずれることがあります。
  • Lettera DLのボトム部分は縫い目が見えます。これはオリジナルからそのような仕様になっているため縫い直し後も同じような仕様となります。
  • 一部のLettera 32のケースは帯の部分が縫われておらずプリントで縫い目を表現しているものがあります。この場合は作業対象外となります。

ファスナーの交換

ファスナーの交換前
ファスナーテープが破れてしまって開閉できない。スライダー(持ち手)が外れてしまった。ファスナーテープの色褪せが気になるなど、ファスナー全体を交換をいたします。ファスナーを新品に交換すると想像以上に引き締まった感じがするので満足度の高いオプションです。オリジナルのファスナーは金属ファスナーを採用しているものとコイルファスナーを採用しているものがございますが、交換後はどちらもコイルファスナー(YKK製)になります。ファスナー交換の場合は、オプションのボトム部の縫い直し(5,500円)も含まれたサービスになります。内布の交換も同時にご依頼の場合は、全体通して同じ色になるのでオリジナルのホワイトを使用することが可能です。ファスナーの交換はケースのほぼ全てのをバラす必要があり、ケースの状態によっては作業が難しい場合がございます。重要な注意事項がありますのでご納得いただける方のみのお受け付けとなります。
(限定)モニター価格:33,000円税込

ご留意事項1

タイプライターケースの張替え
類似の合皮に張替え
オリジナルのパイピング仕様
オリジナルのパイピング仕様
交換後はパイピングレスに
交換後はパイピングレスに
一部のLettera 32と多くのLettera DLはケース裏面の生地(Lettera DLの場合は黒面)の処理が雑なものがあり、オリジナルの生地を再利用できない場合があります。この場合は裏面を類似の合皮に張替えさせていただきます。この場合、純正にあるパイピングは移植せずパイピングなしの仕様になります。Lettera DLの裏面は同じ黒色の合皮素材なのでほとんど違和感は出ませんが、Lettera 32の場合は表面がオリジナル、裏面が黒色になりますのでオリジナルからかなりイメージが変わってきますのでご注意ください。

ご留意事項2

ファスナーの歪み(オリジナル)
ファスナーの歪み(オリジナル)
ファスナーの歪み(交換後)
ファスナーの歪み(交換後)
オリジナルの状態からファスナーが歪んでいるものがあります。交換後も同じように歪んだ状態になります。状態によってはオリジナルになかった歪みが発生する場合もあります。

ご留意事項3

金属ファスナー仕様
金属ファスナー仕様
コイルファスナーへ交換
コイルファスナーへ交換
オリジナルは金属ファスナーを使用しているものとコイルファスナーを使用しているものがあります。どちらも交換後は柔軟性のあるコイルファスナー仕様になります。

ご留意事項4

オリジナルの引手/とめ金具
オリジナルの引手/とめ金具
交換後の引手/とめ金具レス
交換後の引手/とめ金具レス
オリジナルのスライダー(引手)は痛みがあるため、移植(ご返却)せずにYKK製の新品へ交換となります。スライダー(取手)は新品を使用しますが塗装が弱く常に擦れる部分でもあり、一部塗装が剥げてしまった状態でお渡しする場合があります(保証対象外)。また、とめ金具(ファスナー上下部に付いているスライダーを止めるためのパーツ)がついているタイプがありますが、交換後は付かない仕様になります。

重要な注意事項

オリジナルのケースの外観はどれも同じに見えるので工場生産の大量生産品のように思われるかもしれませんが、当店では10前後のケースを分解した結果、同じ作りのものはほとんどなく、ミシンも使用されていない手縫いと思われる部分もあり、ひとつひとつが異なるハンドメイドのような作品です。このため、中にはオリジナル状態から雑な仕上がり(生地が曲がっている、ファスナーが曲がっている)のものもあります。本サービスはオリジナルの針穴や生地の状態を変更しませんので、オリジナルが雑な仕上げなものは同じように雑な仕上げになってしまいますので予めご了承ください。
  • 全ての作業は手縫いとなりますので、オリジナルにはなかった縫い目の曲がりやファスナーの曲がりなどが発生する場合があります。
  • 作業の都合上、途中で返し縫いが発生することがあります。
  • 注意書きや留意事項に該当しないケースで仕上がりにご満足いただけない場合は、作業料の減額またはご請求金額のご返金を上限としてご返金させていただきます。ただし、それ以上の金銭の要求(社会通念上過剰な要望や付加価値の補償、無形的損害賠償や精神的慰謝料や精神的慰謝料など)には対応いたしません。
  • 一部の作業はケースを分解してみないと生地の状態や接着状況が分からないため、ケースを分解後に作業不可と判断させていただく場合があります。この場合、原状回復は困難になりますので原状回復せずに、同レベルのケースへの交換や買い取り(上限:三千円)させていただき、お預かりしたケースはご返却いたしません。
  • 生地間に使用されている接着剤の劣化や接着不良により、オリジナルの生地が切れてしまったり痛めてしまったりする場合があります。この場合、作業料の減額またはご請求金額のご返金を上限としてご返金させていただきます。ただし、それ以上の金銭の要求(社会通念上過剰な要望や付加価値の補償、無形的損害賠償や精神的慰謝料や精神的慰謝料など)には対応いたしません。

組み合わせ例

オプションの組み合わせ例です。ファスナーが開閉が可能であれば、コストのかかるファスナー交換や費用対効果の低いボトム部のほつれ縫い、過度の期待ができない補色オプションを除外したお勧めの組み合わせをお勧めしております。
オプション内容 単価 お勧めの組み合わせ フルセット
内布の交換 15,400円
外観クリーニング 無料
底鋲(汎用タイプ)の交換 1,100円
底鋲(純正品)の交換 3,300円
取手の交換 4,400円
補色 2,200円
ほつれ縫い(帯部分) 3,300円
ほつれ縫い(ボトム部分) 5,500円
ファスナー交換 33,000円
合計 24,200円 61,600円

ご依頼の流れ

Step 1 お問い合わせ

お問い合わせフォームからご連絡ください。

ご希望の作業の留意事項を必ずご確認のうえご相談ください。 当店の修理規約に同意いただける場合のみ提供できるサービスとなります。予め重要な注意事項タイプライターケースの修理サービス規約をご確認ください。

Step 2 概算見積りの提示とご検討

作業の可否とお見積りをご返信いたします。

作業の可否と納期は現物を拝見しないと正確に判断することが出来ません。ご依頼前にヒアリングした内容とタイプライターケースの状態が異なる場合は見積や納期の変更、作業をお受けできない場合がございますので予めご了承ください。

Step 3 梱包方法

  1. ダンボールをご用意ください。
  2. タイプライターケースをクッション材(プチプチなど)に包んでください。
  3. 荷物の種別はガラス/セトモノ扱いとしてください。

なお、発送時に使用された梱包材はご返品時に再利用させていただきます。

Step 4 お送りください

ご依頼いただける場合は宅配便でお送りください。

お送り先はメールでご案内いたします。ヤマト運輸以外の運送業者では過去に破損事故がありましたため、厚意の運送会社がない場合はヤマト運輸をご利用いただくと助かります(ヤマト運輸以外でも構いません)。
恐れ入りますが「月曜日~木曜日の18~20時」で日時指定をお願いいたします。

  • 発送の前は必ずご連絡ください。
  • 発送にかかる送料はお客様負担となります。元払いでお送りください。

Step 5 ケースの確認および作業の開始

ケースの状態を正確に把握いたします。

作業が可能な場合はこのまま作業を開始いたします。
Step2で提示した納期と異なる場合は改めてお見積りをご提示いたします。
納期が変更になった場合はキャンセル可能です(着払いでご返却いたします)。

Step 6 作業完了のご連絡

作業完了の旨をご連絡します。

タイプライターのオーバーホールと同時にご依頼の場合はタイプライターと一緒のご納品が目安となります。ケース単体でのご依頼の場合の納期はおおよそ一ヶ月です。

Step 7 お届け

お預かりしたケースをヤマト運輸がお届けにあがります。

Step 8 お支払い

到着したケースと作業内容にご満足いただけたらお支払いをお願いいたします。万が一、作業内容にご満足いただけない場合はお支払いをせずに一度ご相談ください。

お支払いは銀行振込のみとなります。代金引換(タイプライター修理と同時のご依頼は除く)/クレジットカードはご利用できません。

ソーシャルメディアで最新情報をゲット